ルセラフィム(LE SSERAFIM)宮脇咲良が韓国や中国で大人気の理由は?

 

2022年、SOURCE MUSICに所属している5人組ガールズアイドルグループ「LE SSERAFIM(ルセラフィム)」

ルセラフィムは韓国人2人、日本人1人、アメリカ人1人の多国籍なメンバーが揃っています。

元アイズワン出身の宮脇咲良とキム・チェウォンがメンバーにいて、デビュー前から注目を集めていたグループです。

デビュー当時から韓国をはじめ、日本でも人気があり、国内国外問わず活躍の幅を広げています。

 

今回はそんなルセラフィムのグループ概要と、日本だけでなく韓国や中国でも人気のメンバー宮脇咲良ちゃんについてご紹介。

人気の理由に迫ります!

 

ルセラフィムを知ったばかりの方はぜひご覧ください!

ルセラフィム(LE SSERAFIM)宮脇咲良が韓国や中国で大人気の理由は?

LE SSERAFIM(ルセラフィム)はどんなグループ?

グループ名の「LE SSERAFIM」はヘブライ語で熾天使(してんし)という意味を持つ。

IM FEARLESS」をアナグラムさせた名前であることから「世間の目に惑わされず恐れることなく前に進む」という意味も込められている。

 

ファンの名前は「FEARNOT(ピオナ)」

恐れずにという「fear not」と韓国語で咲き始める「피어난다」の2つの意味が込められています。

ルセラフィム(LE SSERAFIM)宮脇咲良が韓国や中国で大人気の理由は?

LE SSERAFIM(ルセラフィム)のメンバーは?

キム・チェウォン

ルセラフィムのリーダー、チェウォン。

元アイズワンのメンバーで、アイズワンの活動終了後、ソスミュージックと契約。

アイズワン時代は茶髪ロングの可愛らしい雰囲気を持った女の子でしたが、ルセラフィムデビューが決まってからは、黒髪ボブのクールな雰囲気に印象を変え、話題になりました。

ルセラフィム(LE SSERAFIM)宮脇咲良が韓国や中国で大人気の理由は?

サクラ

元HKT48・アイズワンの宮脇咲良。

子役出身で、2011年にHKTに合格しアイドルデビュー。

2018年に韓国のオーディション番組「PRODUCE48」に出演し、リーダーのキムチェウォンと共にアイズワンとして韓国デビューを果たした。

アイズワンの契約終了後は、一時HKT48の活動に戻る。

HKT 48卒業後、ソスミュージックに契約しルセラフィムとしてデビューした。

アイドルとして、幼い頃からキャリアを確立してきた、努力の人なのです。

ルセラフィム(LE SSERAFIM)宮脇咲良が韓国や中国で大人気の理由は?

ホ・ユンジン

アメリカ出身のユンジン。

2017年にPREDISエンターテインメントのグローバルオーディションに合格。

その後、宮脇咲良やチェウォンも参加した韓国のオーディション番組「PRODUCE48」に出演。

最終順位は26位でアイズワンとしてのデビューは叶わなかった。

一度はアイドルを諦め母国のアメリカに帰国。

その後、ソスミュージックから声がかかり、再び韓国に戻ってきてルセラフィムのメンバーとしてデビューを果たした。

ルセラフィム(LE SSERAFIM)宮脇咲良が韓国や中国で大人気の理由は?

カズハ

日本出身のカズハ。

3歳の頃からクラシックバレエを始め、2020年にはオランダの国立バレエアカデミーに入学した。

その頃からK-POPに興味を持ち始め、バレエからK-POPアイドルが夢に。

11ヶ月半という短い練習生期間ながら、持ち前の運動神経とグループのコンセプトに合うメンバーであると認められ、ルセラフィムとしてデビューをした。

ルセラフィム(LE SSERAFIM)宮脇咲良が韓国や中国で大人気の理由は?

ホン・ウンチェ

ルセラフィムのマンネ、ウンチェ。

2006年生まれで、15歳という若さでデビューを果たしました。

スマイルポテトと呼ばれており、笑顔がとても魅力的なマンネ。

最年少でありながらスタイルの良さも兼ね備えているギャップの持ち主です。

ルセラフィム(LE SSERAFIM)宮脇咲良が韓国や中国で大人気の理由は?

宮脇咲良は韓国や中国でも人気!大人気の理由は?

HKT48 & AKB48出身の宮脇咲良ちゃんですが、なぜ韓国や中国でも人気なのでしょうか。

 

まず理由の1つとしてあげられるのが、アイドルとしての歴の長さ

宮脇咲良ちゃんは、2011年13歳の頃にHKT48としてアイドルデビューを果たしました。

その後、HKT48だけでなくAKB48のメンバーにも選抜され、全国的に知名度を広めました。

2018年には韓国のオーディション番組「PRODUCE48」に参加し、最終2位に。

日韓合同のアイドルグループIZ*ONEとして韓国デビューを果たしました。

以上のように、ルセラフィムとしてデビューするまでにもアイドルのキャリアを積んできた彼女。

HKT48やAKB48時代から知名度があり、海外にもファンが多くいたようですが、韓国でデビューしたことによりさらにファンが増えたと考えられます。

ルセラフィム(LE SSERAFIM)宮脇咲良が韓国や中国で大人気の理由は?

 

そして理由の2つ目は、世界に通用するビジュアルの持ち主だということ。

宮脇咲良ちゃんの魅力の1つでもあるビジュアル。

HKT時代は日本のアイドルらしい可愛らしい印象でしたが、韓国アイドルデビューをしてからは、可愛いだけでなく、綺麗でかっこいいコンセプトもこなすように

どんなコンセプトも消化できるそんな姿も、海外の方を引き付けるひとつの要因ではないでしょうか。

ルセラフィム(LE SSERAFIM)宮脇咲良が韓国や中国で大人気の理由は?

3つ目の理由は、努力する姿ではないのでしょうか。

幼少期の頃の劇団四季の稽古を始め、学生時代の難関校受験など、どんな物事に対しても努力をしていた彼女。

ルセラフィムは彼女のアイドル人生の中で3度目のデビュー。

HKTやIZ*ONE時代からアイドルとしてきついこともあったと思いますが、それでもアイドルが好きで、アイドル活動に励む彼女の姿を見て応援したくなる人も多いのではないでしょうか。

ルセラフィム(LE SSERAFIM)宮脇咲良が韓国や中国で大人気の理由は?

まとめ

私が思う宮脇咲良ちゃんの魅力は「努力する力」だと感じます。

10歳の頃からミュージカルで活躍、そしてアイドル業が忙しい中、勉強にも励み難関中学や高校にも合格。

 

そしてHKTだけでなくAKBとの兼任を行い、アイズワンメンバーに選ばれてからは、日本と韓国の両方で活動を行う。

どのアイドルにも負けない圧倒的なキャリアは、彼女の努力の光跡そのもの。

 

今はルセラフィムのお姉さんとして、マンネのウンチェやまだ韓国に慣れていないカズハのサポートをしている姿をよく見かけます。

 

長年アイドル活動をしているにもかかわらず、ずっと謙虚な宮脇咲良ちゃん。

そんな彼女をぜひ、皆さんも一緒に応援してみてください。

ルセラフィム(LE SSERAFIM)宮脇咲良が韓国や中国で大人気の理由は?

おすすめの記事