BTSジョングクがワールドカップ開幕式に出演!なぜ批判があった?

11月20日に開幕したFIFAワールドカップカタール2022

その開幕式にBTSのジョングクが出演したことで話題になりましたが、これに対し、一部から批判の声があがっているそうなのでこの件について詳しくまとめていきましょう。

BTSジョングクがワールドカップ開幕式に出演

すでにご存じの方も多いと思いますが、BTSのジョングクがワールドカップの開幕式に登場し、今回のワールドカップの公式サウンドトラックの「Dreamers」を披露しました。

BTSジョングクがワールドカップ開幕式に出演!なぜ批判があった?

BTSジョングクがワールドカップ開幕式に出演!なぜ批判があった?圧巻のパフォーマンスを見せつけ世界中のファンを魅了し、Twitterでは「BTSの人」がトレンド入りしました。

さらに新曲「Dreamers」はビルボードチャート、iTunesチャートなどで1位を記録し、この楽曲をプロデュースしたRedOne「ワールドカップでこれほどまでヒットした曲はない、彼は歴史を作った。」と称賛しました。

BTSジョングクがワールドカップ開幕式に出演!なぜ批判があった?

なぜBTSジョングクに批判が?

大舞台にたった1人で立ち、会場のファンのみならず世界中のサッカーファン、ワールドカップ全体を盛り上げてくれたジョングクですが、開幕式の出演を巡り、開催国カタールの問題を理由に一部から批判されたようです。

BTSジョングクがワールドカップ開幕式に出演!なぜ批判があった?カタールの人権問題

カタールでは同性愛が違法とされ、LGBTQへの理解がされていないことや、サッカースタジアム建設に関わった移民労働者の大量死などが問題視され、国際的に批判されています。

BTSジョングクがワールドカップ開幕式に出演!なぜ批判があった?

特に移民労働者については、イギリスのカーディアン紙によるとカタールがワールドカップ開催国の権利を獲得してからの10年間で、6500人以上の移民労働者が死亡していると報じました。

カタール政府は「死亡した労働者の中にはスタジアム建設が直接的な原因ではない可能性の者もいるため、この数字は誤解を生む。」などと否定しましたが、各方面から劣悪な労働環境について指摘がされ、「史上最も死者を生んだ大規模競技大会だ。」との声もあり批判は高まっています。

世界的アーティストが開会式を辞退

人権問題を理由にイギリスのミュージシャンのロッド・スチュワートデュア・リパが開幕式のオファーを断ったと明かしました。

BTSジョングクがワールドカップ開幕式に出演!なぜ批判があった?

ロッド・スチュワートは「100万ドルで開会式のオファーがあったが、断った、行くのは正しくない。」ととあるインタビューで答えました。

BTSジョングクがワールドカップ開幕式に出演!なぜ批判があった?

ディア・リパも開幕式出場の噂を否定し、「カタールが人権問題に関する公約を果たしたら、私はカタールを訪れる。」と自身のインスタグラムに投稿。

これらのことから、ジョングクの開幕式出演が決まった際は、出演を快く思っていないコメントや複雑な思いを口にする投稿がSNS上で書き込まれ、とあるメディアでは「お金を優先した芸能人」と報じられ批判されました。


BTSはホワイトハウスで人権問題ついてスピーチをしたことがあるため、今回の出演に疑問の声が多かったのかもしれません。

BTSジョングクがワールドカップ開幕式に出演!なぜ批判があった?

しかし一方では、「ジョングクを通してカタールで問題となっている人種差別について少しでも知ることができた。」とポジティブに捉える意見もあります。

BTSジョングクがワールドカップ開幕式に出演!なぜ批判があった?

まとめ

BTSジョングクのFIFAワールドカップカタール2022の開幕式出演に対する批判についてまとめました。

カタールが抱える深刻な人種差別問題スタジアム建設に関する移民労働者の大量死などを背景に開幕式でのパフォーマンス披露には賛否両論があったことが分かりました。

開催国がカタールに決定した時点ですでに反対の意見が出ていたので、例え彼以外のアーティストが出演していたとしても、世間からの風当たりは強かったでしょうから事務所側は断るべきだったと、ジョングクの立場を考えると気の毒に感じます。

いずれにせよ開幕式のステージをやり切ったジョングクの活動には今後も要注目ですね!

BTSジョングクがワールドカップ開幕式に出演!なぜ批判があった?

 

 

 

おすすめの記事