BTSライブ「Yet To Come in BUSAN」が10月15日決定!無料配信の視聴方法は?

BTS活動休止発表後、最近ではBTSの無料ライブとのことで韓国国内はもちろん、海外でも話題になっています。

それは2030年の万博を誘致しようとする釜山市が広告のために開催するコンサートになんとBTSが出演することです。

BTS「Yet To Come in Busan」とは?

2022年10月15日に開催予定!

釜山市は今年の10月15日、釜山・機張(キジャン)郡で「2030釜山世界万博」誘致念願コンサートを開催する予定で準備を進めています。

BTSライブ「Yet To Come in BUSAN」が10月15日決定!無料配信の視聴方法は? この公演は世界的なスターBTSが特別出演する無料コンサートで、観客規模は約10万人と推算されています。6月にソロ活動の並行を宣言したBTSが4カ月ぶりに、チームとして一緒にステージに立つコンサートでもあるので、多くのファンたちから注目を浴びてきました。

 

BTSライブ前からトラブルで話題に

宿泊施設の問題

BTSライブ「Yet To Come in BUSAN」が10月15日決定!無料配信の視聴方法は?

今回のBTSライブ「Yet To Come in Busan」は、開催予定の発表から様々なトラブルで話題でした。

スーパースターであるBTSを出演させることにしておきながら、交通対策やぼったくり宿泊料金などに対する釜山市の対策が問題があるとの声が高まっており、議論が巻き起こっています。

BTSの出演が発表されてから釜山市内の宿泊業者の一部は、数十万ウォン(数万円)から数百万ウォン(数十万円)の高い宿泊料をつけているようです。

なお、一部悪徳宿泊業者は、既存のホテル予約を一方的に取り消して追加料金を要求するなどの暴挙に出ており、釜山(プサン)市の遅い対処に対してBTSのファンクラブ「ARMY」や多くの釜山市民から批判が続出しています。

 

交通手段の問題

市内からコンサート場までをつなぐ交通手段も問題です。釜山市は公演当日、都市鉄道と市内バスを増便して運行し、特別シャトルバスまで運行すると発表しました。コンサート場主変の交通渋滞防止のために、イルグァン駅から会場までの狭い道路の車両通行を全面統制し、観覧客に15分ほど歩いて移動してもらう方針です。

また、他地域や海外から訪れるBTSファンのために、ソウルの金浦空港と釜山の金海空港を行き来する航空便や、KTX(高速鉄道)などの列車を増便運行する案も検討していると発表しましたが、新型コロナ対策などで増便がなかなか進められない状況です。

 

コロナ対策の問題

新型コロナの感染拡大も問題点として挙げられています。今回のコンサートは10万人が一度に集まる。同時間に釜山港の国際旅客ターミナル屋外駐車場で1万人規模の画像中継コンサートまで開催する予定です。

最近、「江南スタイル」で知られる歌手PSYのコンサートに行き、新型コロナに感染したという事例が増えている状況で、地方自治体が防疫対策のないコンサートの先頭に立っていいのかという指摘も増えている。

それだけにBTSファンの怒りの声が次々と上がっている。ARMYたちは「こんな“どんぶり勘定”式の行政で、どうやって世界的なイベントを誘致するのか」「海外ツアーよりも高い無料コンサートだ」「こんなことで世界万博を誘致できるのか」と苦言を呈した。

BTSライブを無料で見る方法は?

BTSライブ「Yet To Come in BUSAN」が10月15日決定!無料配信の視聴方法は?

あんなこんなことで話題になっている「Yet To Come in Busan」コンサートですが、直接釜山に行ってみるのもいいですが、まだコロナ禍で海外に行くことに抵抗があるファンのために様々なツールでライブ配信が行われます。

今回のコンサートは2030釜山万博の誘致を目標とし、より多くの世界の人に韓国・釜山を知ってもらうことを目指して開催されているため、来場参加だけではなく、世界どこでも見れれうように多くのツールでの無料配信も予定しています。

配信時間

コンサートは2022年10月15日18時から始まり、約90分間のライブが予定されています。

BTSライブ「Yet To Come in BUSAN」が10月15日決定!無料配信の視聴方法は?

配信においては、おおよそ20万人の視聴者のアクセスが予想されるため、大きく3つのツールで分けて配信する予定です。円滑なアクセスでコンサートを見るためには、少なくとも1時間前からのアクセスをお勧めします。

配信ツール

上記でも述べたように、おおよそ20万人の視聴者アクセスが予想されるため、主催側は3つの大きなツールでライブ配信を行う予定です。

BTSライブ「Yet To Come in BUSAN」が10月15日決定!無料配信の視聴方法は?

Weverse(https://weverse.io/event/bts-YetToComeInBUSAN?hl=ko)、ZEPETO、NAVER NOW.を通して視聴できます。

NAVER NOWは韓国国内でよく利用される配信ツールとして、配信当日も韓国国内からのアクセスをメインとするツールで利用されるでしょう。

ZEPETOは、仮想空間を利用するフラットフォームであるため、多くのデータを使うデメリットがあり、アクセスにもトラブルが発生する可能性が高いです。

Weverseは欧米からのアクセスに備えているため、アクセス今日容量が大きいと思われます。ぜひ、こちらのツールでライブ配信にアクセスすることをお勧めします。

まとめ

BTSライブ「Yet To Come in BUSAN」が10月15日決定!無料配信の視聴方法は?

釜山市は今年の10月15日、釜山・機張(キジャン)郡で「2030釜山世界万博」誘致念願コンサートを開催する予定で準備を進めています。

この公演は世界的なスターBTSが特別出演する無料コンサートで、観客規模は約10万人と推算されています。6月にソロ活動の並行を宣言したBTSが4カ月ぶりに、チームとして一緒にステージに立つコンサートでもあるので、多くのファンたちから注目を浴びてきました。コンサートは2022年10月15日18時から始まり、約90分間のライブが予定されています。

Weverseは欧米からのアクセスに備えているため、アクセス今日容量が大きいと思われます。ぜひ、こちらのツールでライブ配信にアクセスすることをお勧めします。Weverse(https://weverse.io/event/bts-YetToComeInBUSAN?hl=ko

 

おすすめの記事