ライフストーリータウン第1弾、
世田谷中町プロジェクト。

東急不動産初の試み、「分譲マンション」と「シニア住宅」の複合開発プロジェクト。
世田谷区中町に残る約1万坪の広大な敷地に、子育て期から高齢期に至るまで、
多世代の人々が交流し地域ともつながる住環境の創造を進めています。
「『世代循環型』の街づくり」という新たなコンセプトで臨む、複合開発プロジェクトの取り組みです。

世田谷中町まつりイベントレポート世田谷中町まつりイベントレポート

世田谷中町プロジェクト ~ 世代循環型の街づくり目指したプロジェクト

小さな子どもたちからシニア世代まで、あらゆる世代の人々がつながり、
地域の人々ともつながる住環境の創造を目指して誕生した世田谷中町プロジェクト。
分譲マンション「ブランズシティ世田谷中町」や
シニア住宅「グランクレール世田谷中町」、介護事業所、
さらに認可保育園などが約1万坪の敷地内に佇む壮大なプロジェクトです。
この街がかなえるのは、
「ブランズシティ世田谷中町」に住む子育て家族と、
「グランクレール世田谷中町」に住む祖父母の近居。
それは、家族が近くに住む安心を実現します。
また、この街では、「ブランズシティ世田谷中町」の居住者が、
将来的に「グランクレール世田谷中町」に住み替えることが可能です。
介護事業所も併設されているため、もちろん
「ブランズシティ世田谷中町」に住み続けることもできます。
いつまでも安心して暮らせる環境と、
多様な住まい方に応える環境が整っているのです。
さらに、生きがいを生み、心と体の健康を守る多彩な施設やサービス、
プログラムが充実しています。
「ブランズシティ世田谷中町」の共用部や
「グランクレール世田谷中町」のカルチャールームなどの相互利用も可能。
同じ趣味の仲間たちが集まるカルチャークラスも多彩です。
東急不動産ホールディングスグループの初の試みとなった
分譲マンションとシニア住宅の複合開発。
東京都が2014年にスタートした
「一般住宅を併設したサービス付き高齢者向け住宅整備事業」の
選定事業第1号プロジェクトとして注目を集めた世田谷中町プロジェクト。
この街が提案するのは、
多世代が住み慣れた地域に安心して暮らし続ける、というライフスタイルです。

世代循環型の街づくりとは?

この街の分譲マンションに住む子どもたちが、この街の認可保育園に通い、やがて大人になり、この街で子育てをする。
いずれは、この街のシニア住宅に移り住み、孫の成長を見守りながら、毎日を活き活きと過ごす。
世田谷中町プロジェクトの特徴は、あらゆるライフステージに応え、年齢を重ねるほど愛着が深まる街づくりです。
そして、年齢を重ねても楽しく、安心して、健康的に暮らし続けられる街づくりです。
また、それは、少子高齢化など社会課題の解決にも貢献します。

社会課題・時代背景

■少子高齢化 ■ライフステージの変化 ■認知症問題、コミュニティの希薄化など

世田谷中町プロジェクトの取り組み

ハード

世田谷中町プロジェクトの取り組み

  • 敷地内に分譲マンション「ブランズシティ世田谷中町」とシニア住宅「グランクレール世田谷中町」を併設。
  • ライフステージに合わせて変更できる、可変性のある間取り。
  • 多世代交流の拠点「コミュニティプラザ」を設置。
  • 多世代交流の場となる「カルチャールーム」を設置。
  • 地域交流の場となり、さまざまなプログラムを提供する「ホームクレール」を設置。
  • 認可保育園を設置。
  • 看護小規模多機能型居宅介護事業所と定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所を設置。
  • 「グランクレール世田谷中町 ケアレジデンス」に日本初となる認知症にやさしいデザインを導入。

ソフト

世田谷中町プロジェクトの取り組み

  • 「ブランズシティ世田谷中町」から「グランクレール世田谷中町 ケアレジデンス」への住み替え支援。
  • 「ブランズシティ世田谷中町」から「グランクレール世田谷中町 ケアレジデンス」への住み替えの際の買取保証。※
  • 「グランクレール世田谷中町 シニアレジデンス」から「グランクレール世田谷中町 ケアレジデンス」への住み替え制度。
  • 医療と各種介護サービスの連携。
  • 「カルチャールーム」では、シニア世代から子ども世代に知識や経験を伝授。
  • 「ホームクレール」では、介護の相談にもコンシェルジュが対応。
  • 順天堂大学と連携した介護予防プログラムを提供。
  • 東京都市大学と連携したイベント運営など、コミュニティマネジメント。
  • 各種カルチャープログラムの提供。

適用には条件がございます。

世代循環型の街づくりによるライフスタイル提案

■近居による安心 ■多様な住まい ■心と体の健康 ■女性の社会進出

世田谷中町プロジェクト ~ 過去10年間で都内最大の開発プロジェクト

過去10年間で都内最大の開発プロジェクト※

世田谷中町プロジェクトは、東京都の「一般住宅を併設したサービス付き高齢者向け住宅整備事業」第一号選定プロジェクトです。約1万坪の広大な敷地を活用する本プロジェクトは、第一種低層住居専用地域における分譲マンションとシニア住宅の複合開発としては、過去10年間で都内最大です。

1995年以降・東京都内の物件の中で、第一種低層住居専用地域におけるサービス付き高齢者住宅と分譲マンションの複合開発では最大の敷地面積MRC調べ/1995年1月~2015年8月15日までのMRC調査・補足に基づく分譲マンションデータ

安心して年齢を重ねていける街づくりの実現

敷地内には、分譲マンション「ブランズシティ世田谷中町」(252戸)とシニア住宅「グランクレール世田谷中町」(251戸)を併設。さらに、シニア向け生活サービス「ホームクレール世田谷中町」や2つの介護事業所を設けることで、住み慣れた地域に安心して暮らし続けられる仕組みづくりを行います。

「ブランズシティ世田谷中町」の居住者が将来的に敷地内の「グランクレール世田谷中町」に住み替える選択も可能にし、「世代循環型」の街づくりを推進します。

世田谷中町プロジェクト ~ 安心して年齢を重ねていける街づくりの実現

世田谷中町プロジェクト ~ 地域に開かれた「多世代交流」の創出

地域に開かれた「多世代交流」の創出

「ブランズシティ世田谷中町」「グランクレール世田谷中町」の両居住者に加え、地域住民の方々にも利用いただける共用施設「コミュニティプラザ」を設置。東京都市大学と連携した各種多世代交流プログラムを提供するなど、居住者だけではなく、地域に開かれた多世代交流を創出します。

社会課題に対する取り組み

〜超高齢社会に対する取り組み〜

  • 超高齢社会に対する取り組み ~ Continuing Care Retirement Community

    CCRC

    CCRCとは、高齢者が元気なうちから入居し、要介護の状態になっても医療や介護サービスを受けながら継続的に住み続けられるコミュニティ。「グランクレール世田谷中町」ではこの考え方を活かし、元気なうちから「シニアレジデンス」に入居していただき、要介護の状態になった場合には「ケアレジデンス」に移っていただくことで同じ建物内で長く安心して住み続けることが可能です。
  • 超高齢社会に対する取り組み ~ グランクレール世田谷中町のシニアレジデンスからケアレジデンスへ住み替え

    「グランクレール世田谷中町」の
    「シニアレジデンス」から
    「ケアレジデンス」へ住み替え

    「シニアレジデンス」に入居された方に介護が必要となった場合には、「ケアレジデンス」へ住み替えることが可能です。万一、介護が必要となった場合にも住み慣れた場所でお過ごしいただくことが可能となり、安心して生涯を楽しんで頂くことが可能です。
  • 超高齢社会に対する取り組み ~ ブランズシティ世田谷中町の買取保証サービス

    「ブランズシティ世田谷中町」
    の買取保証サービス

    住み慣れた場所で長く安心して住み続けていただけるよう、竣工後20年までの期間であれば、同一敷地内の「グランクレール世田谷中町ケアレジデンス」に住み替える際には、設定金額で東急不動産が購入するという仕組みです。

超高齢社会に対する取り組み ~ ホームクレール世田谷中町でアクティブシニアライフを実現

「ホームクレール世田谷中町」でアクティブシニアライフを実現

世田谷中町プロジェクトでは、「コミュニティプラザ」1階の「コミュニティサロン」を利用し、自宅にいながらいきいきとした人生を歩みたいシニアの方に向け、健康管理や交流を促す「ホームクレール世田谷中町」を運営。生活全般に関わるちょっとした相談から、介護、相続・住み替えなどの将来の不安に関しても気軽に相談することができる「生活コンシェルジュ」が全てのサービスの窓口となるほか、「フィットネスクラス」「カルチャークラス」など、心と身体を健やかに保つ『楽しみ』を提供します。

超高齢社会に対する取り組み ~ 認知症に対する新たな取り組み

認知症に対する新たな取り組み

東急不動産は認知症の維持・改善の研究に取り組んでいる順天堂大学と、認知症ケアの研究で世界的に注目されている英国スターリング大学認知症サービス開発センター(DSDC)と提携しています。「グランクレール世田谷中町シニアレジデンス」では、認知症予防に効果があるといわれるロコモ予防プログラムを実施し、「グランクレール世田谷中町ケアレジデンス」では、DSDCの考える認知症にやさしいデザインを日本で初めて導入しています。認知症の「予防」と「ケア」という観点に対し、「グランクレール世田谷中町」では、「シニアレジデンス」、「ケアレジデンス」の2つの施設で、場所の提供だけで終わらない、皆様の暮らしに寄り添った施策を進めてまいります。

more

超高齢社会に対する取り組み ~ 地域包括ケアの拠点

地域包括ケアの拠点

地域包括ケアの拠点として、看護小規模多機能型居宅介護事業所「ナースケア・リビング世田谷中町」と定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所「ホームケア世田谷中町」を設置し、地域の皆様の介護にも携わり、多様な暮らし方を実現します。
「ナースケア・リビング世田谷中町」は、介護施設を利用しづらかったがん末期や医療処置の多い方でも医療と介護の専門職が365日対応し、住み慣れた自宅で最後まで安心して暮らせるようサポートします。「ホームケア世田谷中町」は、東急イーライフデザインが利用者の心身状況に応じて24時間体制にて訪問介護・看護サービスを提供。地域の方が住み慣れた場所で安心して暮らし続けることができるようサポートします。

超高齢社会に対する取り組み ~ 多世代交流の実現

多世代交流の実現

多世代交流拠点として「コミュニティプラザ」を設置。1階の「コミュニティサロン」では、居住者だけでなく、地域に暮らす多世代の皆様の積極的な交流促進を図ります。地域の方にも「安心」と「楽しみ」をコンセプトにしたプログラムを提供する「ホームクレール世田谷中町」の運営や、東京都市大学と産学連携にて企画した地域交流プログラムも実施し、居住者だけでなく地域の方も含めた多世代交流を実現します。
また、「ブランズシティ世田谷中町」と「グランクレール世田谷中町」の両居住者が利用できる「カルチャールーム」では居住者間での多世代交流についての取り組みを実施。「カルチャールーム」として、茶道教室もできる和室と音楽室が設置されており、「グランクレール世田谷中町」の入居者が身につけた文化や教養を「ブランズシティ世田谷中町」に入居する親子世代に教えるプログラムを実施し、居住者間での多世代交流を促します。

~待機児童問題への取り組み~

待機児童問題への取り組み ~ 認可保育園の設置

認可保育園の設置

世田谷中町プロジェクトでは、地域に愛される施設を目指し、認可保育園を設置しています。都内でありながら園庭が整備されているなど、恵まれた保育環境を活かし、シニア世代と子どもたちのふれあい創出を目指します。

この街でのライフストーリー

私たちが思い描く、
世田谷中町プロジェクトのライフストーリー。

  • CASE 01子育て世代のライフストーリー

    世田谷中町プロジェクト ~ 子育て世代のライフストーリー

    家族イメージ

    夫:41歳/都市銀行勤務
    妻:38歳/専業主婦
    子:3歳

    ライフサイクルイメージ
    • 現在

      家族3人で「ブランズシティ世田谷中町」に入居
    • 1年後

      子どもが敷地内の保育園に入園

      敷地内に併設する保育施設に通う。
      周辺には子育て支援施設も充実。

    • 5年後

      親世帯を「シニアレジデンス」に呼び寄せて近居
      • 「シニアレジデンス」に住む、親世帯を見守ることができる安心を。
      • シニア世帯の知識や経験を、子育て世代に継承。
    • 10年後

      親世帯が「ケアレジデンス」に住み替え

      常時介護が必要になった場合は、「シニアレジデンス」から「ケアレジデンス」に住み替え。
      生涯家族と暮らし続けられる安心を。

    • 30年後

      夫婦で「シニアレジデンス」に住み替え

      子どもに「ブランズシティ世田谷中町」を譲り渡し、もっと安心して住み続けられる「シニアレジデンス」へ。

  • CASE 02シニア世代のライフストーリー

    世田谷中町プロジェクト ~ シニア世代のライフストーリー

    家族イメージ

    夫:65歳/自営業
    妻:63歳/専業主婦

    ライフサイクルイメージ
    • 現在

      夫婦で、「ブランズシティ世田谷中町」に入居
      • 近くにある生活利便施設や医療施設が、便利で安心で健康的な暮らしを実現。
      • 地域交流や社会貢献、趣味への取り組みや健康増進など、生きがいを発見。
      • 将来、分譲マンションを子どもに譲り、孫を呼び寄せることができる楽しみも。
    • 5年後

      分譲マンションに住みながら
      各種生活支援サービスを利用
      • シニア向けサービス「ホームクレール」などの介護予防プログラムを利用。
      • 東急不動産ホールディングスグループ
        ならではの質の高い在宅介護サービスも。
    • 15年後

      妻:「ブランズシティ世田谷中町」に居住
      夫:「ケアレジデンス」に住み替え

      夫婦どちらかに常時介護が必要となった場合は、 「ケアレジデンス」に入居可能。
      同じ敷地内で近居ができる安心を。

    • 20年後

      妻も「ケアレジデンス」に住み替え

      「ブランズシティ世田谷中町」の買取保証を利用して住まいを売却し、「ケアレジデンス」に転居。

世田谷中町プロジェクト ~ 居住者インタビュー世田谷中町プロジェクト ~ 居住者インタビュー

新着情報